白マム印 日本のこと日本のもの

 
24
 
                                                         次回

東福寺 P1110253
                               東福寺 国宝三門

山号  慧日山(えにちさん) 
宗派  臨済宗東福寺派
寺格  京都五山四位大本山
創建年 嘉禎2年(1236年)
開基  円爾 九条道家   
本尊  釈迦如来
正式名称  慧日山 東福禅寺

住所  京都市東山区本町十五丁目778番地
電話  075-561-0087
交通  JR奈良線・京阪本線 東福寺駅下車、徒歩10分
公式ウェブサイト


東福寺 P1110248
                                太閤柱↑

東福寺は奈良の東大寺と興福寺より
一字とられてつけられた寺院名です。
それほどに立派な大寺院ということです。

焼失してしまいますが、
大仏もおわした寺院です。

東福寺の三門(注1)は壮麗です。
大仏様(天竺様)、禅宗様(唐様)、
和様をたくみに組み合わせた
建造方式となっています。

禅宗寺院の三門では最大で最古の国宝門(注2)。

四隅には屋根を支える「太閤柱」がみえます。

これは
天正大地震による傷み豊臣秀吉が補修した際に、
補充した柱です。



東福寺 P1110255

脇の階段を上ると楼上、妙雲閣には
宝冠釈迦如来坐像、十六羅漢像、や
明兆筆の極彩色の天井画をみることができます。

ただし三門は特別拝観時のみの公開です。


東福寺山門 楼上内部 P3120156
                                 宝冠釈迦如来坐像




東福寺山門 楼上内部 P3120163





東福寺山門 楼上内部 P3120170


               *印の画像は「BS11 国宝浪漫」より撮影したものです。
                    三門妙雲閣(楼上)・仏殿(法堂)の画像はコチラ
                    多数アップしております。ご覧ください*





三門の向こうの本堂(仏殿・法堂)も大きな
建物です。



東福寺 P1110231
                                           本堂

明治14年焼失後、昭和9年に再建。
昭和の木造建築中最大の建物です。


東福寺 P1110229

本堂がいかに大きいか、↑上記の写真でおわかりに
なると思います。

入り口の格子からの拝観になりますので
内部は薄暗くご本尊は最奥においでなので
残念なことに肉眼ではお姿は「曖昧模糊」。
      
堂内天井には堂本印象作の龍が描かれて
います。
この天井画を印象はわずか17日でしあげたと
いいます。


東福寺仏殿(法堂)内部 P3120176
                               ご本尊 釈迦如来立像





東福寺仏殿(法堂)内部 P3120178
                                       大涅槃図





東福寺仏殿(法堂)内部 P3120172
                                 堂本印象作 天井画





東福寺仏殿(法堂)内部 P3120182
                                   東福寺大仏の左手

仏殿は明治14年(1881)に火災で消失(現仏殿1934年再建。
それまでここには高さ約7メートルある本尊釈迦仏像(大仏)が
まつられていました。
火災の際、左手だけが救出され仏殿東北隅に安置されて
います。

                  *印の画像は「BS11 国宝浪漫」より撮影したものです。
                    三門妙雲閣(楼上)・仏殿(法堂)の画像はコチラ
                    多数アップしております。ご覧ください*


さて
境内の建物に目をむけましょう。


東福寺 東司 P1110258
                                               東司


この建物は東司(とうず)です。
中は、

東福寺 東司 P1110256



丸い穴ぼこ。
東司とはお手洗いです。
お手洗いも修行だそうです。
    わたくしは禅僧にはなれません。



東福寺 P1110133
                                         経蔵

経蔵は、絵本の「ちいさいおうち」を
おもわせる左右対称の可愛いものです。



2010年10月31日_DSC_0191
                               通天橋 posted by (C)poco



東福寺といえば、仏殿の北の渓谷にかかる
三つの橋と方丈の重森三玲作の庭ではないでしょうか。
白マムはそれに加えて本坊の勅使門です。


                             ささ、ご案内しましょう
                             まず、三門、仏殿の内部写真から→



en1参考en1
<注1:三門>
三門(さんもん)は、元来は門の形式で、
中央の大きな門と左右の小さな門との3門を連ねて1門としたものである。
仏教寺院に用いられた結果、寺院の仏殿前の門を、
形式に関わらず三門と呼ぶ。三解脱門(さんげだつもん)とも呼ぶ。
山門とも呼ぶが、これは、寺院がもっぱら山林にあり山号を持つからという。
仏教的意義
三門は空門・無相門・無願門の三境地を経て仏国土に至る門、
三解脱門を表すとされる。  (ウィキペディアより)
<注2:最大の門>
これは禅宗寺院の中でであって
知恩院の三門のほうが大きい。
知恩院は浄土宗
ちなみに
京都の三門の代表は、知恩院、南禅寺、東福寺。
<境内マップ>
map1.jpg

< 近辺情報 >

泉涌寺 東福寺駅徒歩10分 アクセス詳細
2010年10月31日_DSC_0130
                           泉涌寺仏殿 posted by(C)poco
*拙ブログ泉涌寺

伏見稲荷 伏見稲荷駅徒歩5分 アクセス詳細
伏見稲荷千本鳥居2014年05月04日_P5040707
                   伏見稲荷千本鳥居posted by(C)poco
*拙ブログ伏見稲荷



en1備忘録en1
2015年1月11日
龍安寺 /勝林寺→東福寺 /////////10→京博


< 臨済宗大本山 東福寺 2015年1月11日拝観記 >

1 三門、東司、仏殿
2 三門、仏殿内部
3 三名橋 臥雲橋・通天橋・偃月橋
4 常楽庵開山堂
5 方丈恩賜門
6 方丈(本坊)重森三玲の庭 南庭
7 重森三玲の庭 東庭・西庭・北庭
8 本坊の大瓶束
9 龍吟庵 重森三玲の庭
10 鎮守社 五社大明神 


関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/404-7fdbe5df
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday