白マム印 日本のこと日本のもの

 
28
 
                                  6月よりの展示 尊住院・聖観音菩薩立像

237108456_624_v1464406880.jpg
                                             竹生島宝厳寺 聖観音立像

< びわ湖長浜 KANNON HOUSE >

開館時間:10:00~18:00
入場無料
休館日:月曜日
     年末年始12月29日~1月3日
アクセス:京成、京成上野駅徒歩1分
      JR/メトロ上野駅徒歩2分
      不忍の池畔、アパマンホテルの隣
電話:03‐6806‐0103
オフィシャルサイト



 DSC_0916 びわ湖長浜KANNON HOUSE DSC_0915 

DSC_0315



上野、不忍池のほとりに3月にオープンした
びわ湖長浜KANNON HAUSE
は、とても静かな空間です。

長浜は観音里といわれています。
その長浜(湖北)より
3か月に1回の入れ替わりで
観音さまがおいでになります。


上野 長浜観音ハウス 竹生島聖観音立像DSC_0904





びわ湖長浜KANNON HOUSE DSC_0890
     竹生島宝厳寺よりおいでの聖観音立像




ヒノキが連子窓のように観音様を
囲んで、堂宇をあらわしているのでしょう。

狭い空間が無限の空間に感じられます。


びわ湖長浜KANNON HOUSE DSC_0893




びわ湖長浜KANNON HOUSE DSC_0914




びわ湖長浜KANNON HOUSE DSC_0895





びわ湖長浜KANNON HOUSE DSC_0894



一地方団体がアンテナショップを出店し
産物を販売するのは珍しくありませんが
このように
観音さまのためのミュージアムを開設
するのは珍しいことです。
それも無料です。

長浜の観音さまは、僧侶が守っている場合も
ありますが、里人がいにしえより守っている観音さまも
たくさんおいでです。

このKANNON HAOUSEにおいでになるには
信仰されている里人の了解を得て
はるばるおこしになるわけです。


長浜のこの試みを応援したいとわたくしは思っています。



DSC_0903 DSC_0909


びわ湖長浜KANNON HOUSE DSC_0901




6月7日より尊住院の聖観音菩薩様が
お越しになります。

一躯のお仏像さまをゆっくりと拝観する。
「ラグジュアリーな空間」というCMが
よく流されましたが
まさにラグジュアリーです。

今回は竹生島の宝厳寺からおいでの
聖観音さまにお会いしたのですが、
実際はどのようなところに祀られて
おられるのか、
現地に行かれることをおすすめします。

竹生島はフェリーで30分弱です。
ただし、この観音さまは
本堂ではなく、普段は宝物館に
安置されているとのことです。

竹生島2013年01月13日_DSC_0178
                            竹生島



竹生島宝厳寺観音堂 唐門(国宝)2013年01月13日_DSC_0227
                                 竹生島宝厳寺観音堂


                    *竹生島の詳細

< 次回の観音さまの予定 >
6月7日より
長浜市川道町の尊住院より聖観音立像が
安置されます。

<観音の里巡り>
料金8,500円(昼食つき)
集合場所 長浜駅西口
詳細・申し込みはコチラ

初夏コース:木彫の里を訪ねる   (5月30日・6月5日・6月15日・6月19日)
初秋コース:水源の郷をゆく     (9月7日・9月11日・9月21日・9月25日)
爽秋コース:実りの季節に訪れる  (9月24日・10月5日・10月26日・10月30日)
紅葉コース:国宝・重文の観音を巡る(10月29日・11月13日・11月23日・11月27日)

< 観音の里の祈りとくらし展Ⅱ >
    の お知らせ
観音の里祈りとくらし展 IMG_20160518_0003

7月5日~8月7日
東京藝術大学大学美術館

*パートⅠはとてもいいものでした。
 Ⅱも期待できるのではと思っています。

コチラをクリックされると< 観音の里祈りとくらし展 >
  にジャンプします。



関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/435-70116467
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday