白マム印 日本のこと日本のもの

 
06
 
東京国立博物館 P7030327


7月3日(日曜日)の東京国立博物館の
暑かったこと。

噴水広場に人はまばらです。



伊東マンショ の肖像 P7030330







ほほえみの御仏 P7030319



< ほほえみの御仏 ― 二つの半跏思惟像 ― >

   東京国立博物館 、5室
   6月21日~7月10日(日)
   入場料 一般 1000円
   待ち時間 0分 (7月3日)
   手荷物検査あり
   カタログ300円


日韓国交正常化50周年記念に開催
されている特別展は
会期が20日という短いものです。

残り1週間です。


いつだったでしょうか。
2ヶ月ほど前だったと思うのですが
NHKの日曜美術館をみていますと

中宮寺の弥勒さんが
韓国国立中央博物館へお渡りになる
とのお知らせ。

ああ、
韓国に行きたい!

実はそう思いました。


その展示がそのまま上野にやってくるとは!



中宮寺の弥勒さん(半跏思惟像)は
中宮寺にて何度もおめもじしています。


中宮寺2014年02月10日_DSC_0372







中宮寺2014年02月10日_DSC_0374


中宮寺では
半跏思惟像の御前まで近づくことが
できます。

が、
お仏像が好きな私としては
背後からあるいは真横からみたいと
欲深です。

また
弥勒信仰が盛んであったという
韓国の弥勒さんにも
お会いしたい。

と、

胸踊りながら東博へやってまいりました。



東京国立博物館






238399670_v14676085981.jpg




本館特別5室には
弥勒さんお二方だけの展示です。

ほほえみの御仏 リーフレット IMG_20160704_0006
中宮寺蔵 (伝)如意輪観音 (=弥勒菩薩半跏思惟像)
                木造 飛鳥時代 7世紀




ほほえみの御仏展 IMG_20160704_0013


中宮時の弥勒さまは
聖徳太子の生母
穴穂部間人皇女(間人皇后)アナホベノハシヒト
と伝えられています。

    ↑こういう理由で中宮寺は法隆寺夢殿
      隣に建てられています。

木造ということもあるのでしょう。
全体からまろやかな優しさがにじむ
お仏像様といえます。

後頭部からお背なにかけて
「ツルツル」しておいで。
触ってみたいと不謹慎な思いがよぎります。

中宮寺での拝観では思ってもみなかったことです。

ツルツルなどと表現しましたが
厳かさをそこなうことなく
とても単純化されているといえます。


お叱りをうけるかもしれませんが
意外と
おみ足ががっしりとしておいでで
親近感をもってしまいました。




ほほえみの御仏展 IMG_20160704_0014
                                  光背






ほほえみの御仏 リーフレット IMG_20160704_0007
           韓国国宝78号 半跏思惟像 銅造
              三国時代・6世紀
              韓国国立中央博物館蔵




ほほえみの御仏展 IMG_20160704_0012


こちらの弥勒さんは韓国ではとても親しまれている
国宝のお仏像様です。

第一印象を言いますと

中宮寺の弥勒さんが「慈しみ深きお母さん」なら
韓国博物館よりおいでになった弥勒さんは
「活発できさくなお姉さん」。

伏し目がちだけども
「動」を感じます。

中宮寺さんの木造に対してこちらは
銅造ですが硬さはなく
冠や衣装、腕輪とかなり作り込まれており
見飽きません。


中宮寺の弥勒さんのおみ足を大きいと
いいましたが
実は
韓国の弥勒さんは「エラ」がはっておいでです。


ごめんなさい。



この韓国の国宝である弥勒さんをご覧に
なると、野中寺の銅造弥勒菩薩半跏思惟像を
脳裏に浮かべる方が多いのではないでしょうか。

121249988795716224094.jpg
大阪・野中寺 白鳳時代 天智天皇5年(666)

写真を取り出して観てみると
確かに姿かたちは同じですが
韓国国宝78号の半跏思惟像は
洗練されていると言わざるをえません。


参考までに日本における国宝第一号の
広隆寺の木造弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)は
こちらです。

o0800118012732000810.jpg

↑やはりおきれいですね。
国宝第一号というのもむべなるかな。
最後の広隆寺拝観は7年前になりますか。
お会いしたくなってきましたっ。






ほほえみの御仏 リーフレット IMG_20160704_0005

韓国国立博物館
素敵な建物ですね。

一度行ってみたいものです。



                                             チケット
ほほえみの御仏 IMG_20160704_0001



                             *拙ブログ奈良斑鳩中宮寺
                             *拙ブログ法隆寺夢殿
                             *拙ブログ広隆寺
                             *韓国国立博物館オフィシャルサイト



sp_l114



< 伊東マンショの肖像 >

天正遣欧使節の伊東マンショの肖像画展示も10日までです。
本館7室。

伊東マンショ 肖像画




< 観音の里祈りとくらし展Ⅱ >
7月5日~8月7日
東京藝術大学大学美術館
*詳細は拙ブログ
観音の里祈りとくらし展 IMG_20160518_0003

ほほえみの御仏展は10日までですので、
東京藝術大学にて開催される
観音の里祈りとくらし展と共に
ご覧になればと思います。

そして

上野駅を通り越して
坂をくだり

びわ湖長浜KANNON HOUSE
にて休憩!

0606-1.png
           長浜市川道町 尊住院(そんじゅいん)蔵

台東区上野2-14-27
上野の森ファーストビル1F
10:00~18:00
月曜休館
入場料無料
*JR上野不忍口 徒歩2分
  アパマンホテル隣



関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/464-9a95e89f
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday