白マム印 日本のこと日本のもの

 
07
 
養源院 白象杉戸絵 俵屋宗達 IMG_20160831_0014
                             養源院 白象杉戸絵 俵屋宗達


山号  南叡山
宗派  浄土真宗遣迎院派
創建年 文禄3年(1594年)
開基  茶々、成伯(開山)
本尊  阿弥陀如来

*俵屋宗達作襖絵と杉戸絵
*血天井
*名工左甚五郎の鴬張廊下

住所  京都市東山区三十三間堂廻り町656
電話  075-561-3887
交通  JR京都駅より市営バス206系統
      博物館三十三間堂前」下車
      蓮華王院(三十三間堂)の東向かい

養源院は三十三間堂東門の向かいに
あります。
「すぐそこ」と言ってよいでしょう。
とても静かな古刹です。

養源院 P8280610

養源院は、浅井長政の長女・茶々(淀殿)が、父の菩提を弔うために、
豊臣秀吉に願って創建した寺院です。
寺号の「養源院」は、長政の法名から付けられました。
寺院は落雷にて焼失しますが、2代将軍徳川秀忠の正室となった
茶々の妹、三女・お江(法名:崇源院)によって再興されました。
現在の本堂はお江によって再建されたものです。

「菊」は天皇家の紋で、お江と秀忠の子、和子が後水尾天皇の
もとに入内したことからつけられています。

お江によって再興された後、養源院は徳川家の菩提所となり、
2代将軍秀忠から14代将軍家茂までの位牌が安置されています。
お江と秀忠の位牌には、「菊」「葵」「桐」の3つの紋があります。
3つの紋を拝見できる寺院は養源院のみです。



養源院 P8280611P8280611






養源院 P8280613






養源院 P8280614
                                            弁財天






養源院 P8280616
                                            毘沙門堂




養源院 P8280615


上記の画像の右の石柱には「大聖歓喜天」と
刻まれています。
歓喜展が祀られているのでしょうか?
これに関しては未確認です。



養源院 P8280618



真っ直ぐ本堂に続く参道は
緑もみじが覆いかぶさるようで
しばし足をとめるほどの美しさです。

秋は息をとめる美しさでしょう。



養源院 P8280620


本堂にはいると
すぐに宗達の唐獅子杉戸絵が出迎えてくれます。




養源院 獅子杉戸絵 俵屋宗達
                                     宗達 唐獅子図






養源院 麒麟杉戸絵 俵屋宗達
                                    宗達 波と麒麟図






養源院 白象杉戸絵 俵屋宗達 IMG_20160831_0014
                                       宗達 白象図




一般公開されている俵屋宗達の杉戸絵はこの6枚ですが、
白象の杉戸絵の裏にも唐獅子の杉戸絵2枚が
たてつけられています。↓


P9011100.jpg
                                        宗達 唐獅子図

たまたまBSを観ていましたら、
養源院特集で、
この絵はその時の画像です。


宗達の絵は躍動感にあふれ
その意匠は大胆で斬新です。

とても江戸時代初期の作品とは
思えません。

私自身は白象が大好きです。
2015年の秋に開催された琳派展には
この白象図が出展されていなかったので
随分とがっかりしたものですが、

京博にから3分ほどの養源院には
常設されて公開されているわけですから
肩を落とすことはなかったわけです。




f0190950_1074927.jpg
                                     宗達 松図


養源院といえば廊下の天井が、
伏見城落城の際、自刃した武将たちの血のりのしみた廊下の
板を使ったため「血天井」として有名です。(注1)

お寺さんは、宗達の杉戸絵よりも血天井を「ウリ」にしておいで
のようで、説明もとても長い(長く感じた?)ものです。
文化財として確認がとれている宗達の絵のほうが
何倍も価値があるとおもうのですが・・・。

また
その廊下は左甚五郎作の鳴き廊下。
「鶯張りの廊下」といわれ
歩くたびにキュキュと音がします。

この養源院の隣は
法後白河上皇の院だった法住寺です。




京都 養源院 IMG_20160831_00071





en1参考en1

8月27日
石山寺 //京都武徳殿入江道場
8月28日
三十三間堂京博養源院→京都武徳殿入江道場→京都ロームシアター

<俵屋宗達の作品>

fig1_l_1.jpg fig1_r_1.jpg




fig8_1_20160210105409f55.jpg


<注1:血天井>
天井のシミが本当に「血」であるかは
確証がないようです。

<周辺情報>
三十三間堂
京都 三十三間堂 蓮華王院

京都国立博物館
平成知新館
京都国立博物館 琳派京を彩るPB010220

本館(旧館)
京都国立博物館PB010229

*現在の展示(2016年9月5日時点)丹後の仏教美術 9月11日迄


豊国神社
豊国神社2013年08月17日_DSC_0447


方広寺 大坂冬の陣のきっかけとなった釣鐘が現存
方広寺梵鐘2013年08月17日_DSC_0466


妙法院門跡 三十三間堂本坊
三十三間堂本坊妙法院 普賢菩薩 PB010159


新日枝神社(いまひえじんぐう)
新日吉神宮 PB010193


京都国立博物館エリアは京都駅から近い上に
上記の神社仏閣が隣接しています。

午前中は泉涌寺や東福寺、伏見稲荷を拝観し
午後はこの地区をまわるコースはいかがでしょうか。
どれも京都駅に近く東福寺エリアから京博は
タクシーで15分弱です。

関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/500-95a48cab
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday