白マム印 日本のこと日本のもの

 
19
 
<金峯山寺 きんぷせんじ>

5月4日9:30金峯神社→10:20吉野水分神社→11:10竹林院→桜本坊→
   藤井利三郎薬房 →太田桜花堂→東南院→11:40金峯山寺

金峯山寺
2012年5月4日金峯山寺国宝蔵王堂posted by(C)poco



住所  奈良県吉野郡吉野町吉野山2498
電話  0746-32-8371
交通  近鉄吉野線吉野下車、ケーブルにて吉野山下車、 
     徒歩5分

山号   国軸山(こくじくさん 注1)
宗派   金峯山修験本宗
創建年  7世紀後半
開基   役小角(伝)

拝観料  無 但し特別公開日は600円
ホームページ


金峯山寺



緑が覆いかぶさるようゆるやかな石段をあがると、
大きな蔵王堂があらわれます。


12
国宝 蔵王堂(本堂)posted by (C)poco


蔵王堂は東大寺大仏殿につぐ大きな木造建築といわれています。

この蔵王堂の正面には桜の木が四方に4本植えられた、
石の柵で囲まれた空間(広場)があります。

ここは1333年に後醍醐天皇の第2皇子、大塔宮護良親王が北条幕府の
大軍に攻められ、吉野山に立て籠もった時、本陣とした場所で、落城に際し
最後の酒宴を兵20余人と共に張ったといわれ、「大塔宮の御陣地跡」と
いいます。



蔵王堂(本堂)の厨子の中には7メートル余りの蔵王権現、お三方がおいでです。

左尊(弥勒菩薩)↓        中尊(釈迦如来)↓      右尊(千手観音菩薩)↓
金峯山寺 蔵王権現
秘仏のご本尊 金剛蔵王大権現



権現とは権(仮り)に現われるという意味で、釈迦如来(過去世)、
千手観音(現在世)、弥勒菩薩(未来世)が権化されて、
過去・現在・未来の三世にわたる衆生の救済を誓願して
出現されました(金峯山寺HPより引用)。

本来は秘仏であられますが、仁王門大修理の勧進(注2)のために
現在(6月7日まで)公開されています。

お近くまでお寄りすることができますので、つぶさに細かいところまで
拝見することができます。
拝むことをいっときわすれてあんぐりと口をあけて見てしまう私です。

非常に躍動感あるお仏像様で、いまにも内陣を蹴破ってでておいでのようです。
その姿お顔だちは正直言って漫画のようで、敬虔な気持ちよりおかしみのほうが
でてしまいます。
青のお色がとても鮮やかでメラメラと燃える火焔と不謹慎な表現ですが、
相性抜群です。

デンデコデコデコと太鼓がなりだして厨子より飛び出て踊りだしそう!
(権現さんの場合は法螺貝がなるのでしょうね)。
それが金剛蔵王権現さんを拝観した素直な感想です。



金峯山寺



金峯山寺蛙股
蔵王堂蛙股posted by(C)poco



6



金峯山寺鐘楼2012年05月04日_DSC_2305
鐘楼posted by(C)poco

金峯山寺愛染堂2012年05月04日_DSC_2302
愛染堂posted by(C)poco



金峯山寺 観音堂蛙股
観音堂蛙股posted by(C)poco



15 18
境内脇の天満宮の狛犬さんposted by (C)poco



私の場合、近鉄吉野駅よりケーブルに乗らず、
バスで奥千本まで行き、吉野山を下りながらの
拝観でした。
ケーブルで吉野山に入った場合は、金峯山寺拝観は
私とは逆のコース、
ケーブル駅→黒門→銅鳥居→仁王門→蔵王堂
となります。

仁王門をくぐり駅にむかいましょう。



24
金峯山寺仁王門posted by (C)poco


堂々とした仁王門です。
重層入母屋造、高さが20メートルも
あります。



金峯山寺仁王門
金峯山寺仁王門posted by(C)poco



金峯山寺黒門
金峯山寺 銅鳥居(かねのとりい)posted by(C)poco



この鳥居は東大寺大仏建立の余った銅で造立されたとの言い伝えがあります。

銅鳥居は日本三大鳥居の一つ(注3)で、
現在のものは、正徳元年(1711)再建で銅製の鳥居としては最古のもの。
額には「発心門」とあり、山上ヶ岳(大峯山)にある山上蔵王堂までにある
四つの門の第一門となります。




金峯山寺銅鳥居
銅鳥居の額 発心門posted by(C)poco



金峯山寺 黒門2012年05月04日_DSC_2334
黒門 posted by(C)poco


この黒門が金峯山寺の総門です。
本来はこの門を通って蔵王堂へむかいます。
お城の門によく見られる高麗門です。
この門からは貴族も武士も、
馬から下り槍を伏せ通行したといいます。



ご朱印 金峯山寺
ご朱印 金峯山寺posted by(C)poco



金峯神社に到着したのが9時30分。
現在12時30分。
3時間でしたがたっぷりと楽しめる下山拝観コースでした。

さあて、ケーブルカーに乗りましょう。



吉野大峯ケーブルカー
吉野大峯交通ケーブルカーposted by(C)poco




en1 en1


<境内配置???>
仁王門をくぐり、この金峯山寺の境内のお堂の
配置を不思議に思いました。

本堂の蔵王堂が仁王門におしりをむけている!
仁王門をくぐると本堂の裏手なわけです。
???
通常は仁王門をくぐると正面に本堂なのですが。

ふむふむ、なるほど!
まったくもってのいつもの私見ですが、
この蔵王堂は吉野山全体にむかって開かれている。
あるいは大峯山系を修行する修験者にむかって
開かれている。
山から下りてくる修験者を迎えいれるように
考案されている。

のだなあ。
と、
思いつくのでした。

<廃仏毀釈の波>
金峯山寺は一時期、廃仏毀釈の一環として明治7年(1874年)、
政府により修験道が禁止され、廃寺となりますが、のちに天台宗末の
仏寺として復興。
昭和23年(1948年)には、蔵王堂を中心に、金峯山修験本宗を立宗し、
その総本山として今日に至っています。

<注2:国軸山>
宇宙の中心の山という意味
<注2:勧進>
悩める人々を啓蒙救済することを目的とする宗教活動の意味と、
社寺や橋梁などの造営・修復のために広く資財を集めることを目的とする
募資(募金)活動の意味がある。
この場合は募金活動。
<注3:日本三大鳥居>
金峯山寺 銅鳥居
厳島神社 朱丹の鳥居(木造)
大阪四天王寺 石の鳥居

<交通手段>
・金峯山寺周辺のみの拝観の場合は近鉄吉野駅下車、
 大峯ケーブル利用。

・吉野山全体の散策拝観の場合は、吉野駅下車後
 バスに乗り奥千本下車。下山しながら金峯山寺にむかう。

  *バスダイヤはウェブが更新されず古いダイヤの場合が
    あるので鵜呑みにせず電話確認すること。
     奈良交通バス 電話0742-20-3100
     吉野大峯ケーブル自動車 電話0746-32-0200

<参考ブログ>
ちなせれ絵日記

<残念だったこと・・・>
それは、金峯山寺の手水が↓だったこと

金峯山寺 手水鉢2012年05月04日_DSC_2314
金峯山寺 手水鉢posted by(C)poco

関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/51-dd0ba55e
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday