白マム印 日本のこと日本のもの

 
26
 
前回                                               次回 本堂

観音の里 長浜 東林寺ご開帳
長浜市余呉町菅並 東林寺本尊 聖観音菩薩立像 ご開扉法要 posted by (C)poco

<湖北 観音の里めぐり 2016 初秋コース、水源の郷をゆく >
-伊香巡礼三十番札所千花山 東林寺正當法要-


長浜市余呉町菅並は
長浜駅からツアーバスがノンストップで
1時間はかかる山中の集落です。(注1)



びわ湖 P9250001 余呉 P9250003

滋賀県余呉 P9250008 滋賀県余呉町菅並 P9250020


湖北は、観音さまがおられるお寺さんの
殆どが、ご住職がおられぬ無住。
この東林寺も多分に漏れずです。

集落の自治会の方々が
守っておいでですが
住民の方々からは、

「過疎化がすすみ、残っている
年寄りでは、もう法要はこれが
最後かもしれない」

という声があがっています。

     36戸のうち28戸が70歳以上の独居世帯となっている。
     今後の管理態勢を懸念する住民は多く、
     70歳代の女性は「もう体が動かない。
     観音さんのお守りは大変」と打ち明ける。
     自治会長の高橋源作さん(68)は
     「厳しいところまで来た。
     いずれ仏像をどこかへ集約して、管理を任したい」
     と話す。
  産経新聞より



滋賀県余呉町菅並 東林寺ご開帳 P9250012



本開帳のこの日はお天気もよく
村の方々にとっても
「ハレ」の日。

村の人々はもとより
離れて暮らす人も戻り
近隣の人や
私のようなお仏像好きな人々が
それにくわわり
ハレの日に相応しい賑やかさです。



滋賀県余呉町菅並 東林寺ご開帳 P9250014







長浜市余呉町菅並 東林寺 聖観音本開帳  P9250100






長浜市余呉町菅並 東林寺 聖観音本開帳  P9250104


法要が営まれ
回向柱たっています。



長浜余呉 東林寺 秘仏本開帳 P9250027







長浜余呉 東林寺 秘仏本開帳 P9250033



回向柱とお仏像は
「善の綱」と呼ばれる布ひもで結ばれています。
この紐を参拝者が触れると、観音菩薩様に触れるの
と同じ功徳があるとされいます。



東林寺本開帳 回向柱の善の綱 P9250038






長浜余呉 東林寺 秘仏本開帳 P9250040


境内では
村の人が作った
炊き込みのおにぎりが売られ
久しぶりに会った人達でしょうか。
歓談されています。

ブルーシートの上は
本堂の板張りのようなものでしょう。


長浜余呉 東林寺 秘仏本開帳 P9250044






長浜余呉 東林寺 秘仏本開帳 P9250032






東林寺境内 山の神の祠 P9250086
                                       山の神を祀る祠





長浜 東林寺 P9250098






観音の里  長浜の秋 彼岸花

境内のまわりには
彼岸花やススキ、萩などの秋を思う
植物が自生しているのですが
この注意書きを見ると
いつものように草花に近寄ることが
できません。

さてさて
本堂にはいりましょう。

                                           


長浜市余呉町菅並 東林寺 聖観音本開帳  P9250062




                                            次回は本堂内部と聖観音菩薩


en1参考en1

<観音の里めぐり 2016 初秋コース、水源の郷をゆく>

9時50分JR長浜駅西口集合

東林寺、33年ぶりの本開帳 1

ウッディパル余呉、昼食

上丹生薬師堂

菅山寺の里坊弘善館

医王寺

浅井三姉妹の郷

JR長浜駅西口


観音里ツアー 昼食P9250108

<今までの観音の里巡りツアー>
*観音の里めぐり2016 春コース、初公開の秘仏に会う
*観音の里めぐり 2016 初夏コース、木彫りの里を訪ねる

<注1:集落>
余呉型民家が並んでいた丹生谷の廃村集落跡
というwebサイトがあります。
ご覧ください。
この菅並集落のその奥には以前は鷲見という里があり
「八墓村」のロケ地となったそうです。

  
びわ湖・長浜のホトケたちII      びわ湖・長浜のホトケたち

    

関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/513-fe35ed1d
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday