白マム印 日本のこと日本のもの

 
27
 
前回 境内                                      次回 六所神社

<湖北 観音の里めぐり 2016 初秋コース、水源の郷をゆく >
-伊香巡礼三十番札所千花山 東林寺秘仏ご本尊ご開帳-

長浜余呉町菅並 東林寺 本堂 P9250021
                           長浜市余呉町菅並 東林寺 本堂




P9250045



「善の綱」をたぐりながら本堂にはいります。




長浜市余呉町菅並 東林寺 聖観音本開帳  P9250062






長浜余呉 東林寺 秘仏本開帳 P9250057


堂宇は狭いといってよいでしょう。
そのお堂にはたくさんの
お仏像様がおいででした。

ご本尊の聖観音さまの左右には
お守りの四天王がおられ
その左右には薬師さまや
お地蔵さま、狛犬さんまでおられます。

お堂に入って右側より紹介いたします。


長浜余呉 東林寺 秘仏本開帳 P9250048
                                 阿弥陀如来像





長浜余呉 東林寺 秘仏本開帳 P9250049
                                   地蔵菩薩像





P9250050






長浜市余呉町菅並 東林寺 聖観音本開帳  P9250060


正面、ご本尊を守る四天王。

それではご本尊の聖観音菩薩立像は?
少々お待ちください。

四天王がなんとも愛嬌があるんですよ。


長浜市余呉町菅並 東林寺 聖観音本開帳  P9250075






長浜市余呉町菅並 東林寺 聖観音本開帳  P9250073






長浜市余呉町菅並 東林寺 聖観音本開帳  P9250074

なんともいえない
四天王に邪鬼でしょ。

愛すべきとでも言ったらいいんでしょうか。

仏師が造ったのではなくて
村の人が
「こういうのが村に欲しいよね」
などと、
願って、見よう見まねでガシガシ造ったのでは
ないでしょうか。


長浜市余呉町菅並 東林寺 聖観音本開帳  P9250076






長浜市余呉町菅並 東林寺 聖観音本開帳  P9250077


↑この邪鬼さんに至っては
谷岡ヤスジ氏が描くところの「犬」みたい
だなどと不遜なことを考えてしまいます。



長浜市余呉町菅並 東林寺 聖観音本開帳  P9250070

それでは
ご本尊の聖観音さまにお出ましいただきましょう。



長浜市余呉町菅並 東林寺 聖観音本開帳  P9250068







長浜市余呉町菅並 東林寺 聖観音本開帳  P9250079
聖観音菩薩立像 針葉樹・一木造り 像高172cm
鎌倉時代、建保4(1216)年造立  光背、当初のもの




長浜市余呉町菅並 東林寺 聖観音本開帳  P9250080


地元の仏師のお作だとおもわれます。
目が切れ長で、お口が小さい。

のみ跡がうっすらと残っています。

衣文線が浅くてとてもシンプルです。



東林寺
 

目力があるけど素朴なお仏像様です。
おみ足が愛らしい。



左には
お地蔵様がおられます。


長浜市余呉町菅並 東林寺 聖観音本開帳  P9250059







長浜余呉 東林寺 秘仏本開帳 P9250058

↑この幕をご覧ください。
皆さんの家にあった愛らしい布の
持ちよりです。


ご本尊の聖観音立像は
藝大で先般開催された「観音の里 祈りとくらし展
にお出ましになりましたが、
やはりお堂の中でお会いするのが本当だと思っています。

確かに、展覧会に出陳されると360度、観ることが
できる喜びがあります。

でも、本当はそれは邪道。
単なるお仏像好きの
好奇心を満たすだけなのだろうと、
反省します。

美術館では光背もなく単一で
立っておいででしたが
堂宇では
四天王に守られ
沢山のお仏像様と一緒においでである。

薄暗いなか、とても威厳をはなっておいでです。

山の中の集落で800年もの間
守られたお仏像さまです。


長浜市余呉町菅並 東林寺 聖観音本開帳  P9250084



それでは
お隣の六所神社をのぞいてみましょう。


                                          次回 六所神社


en1参考en1

<観音の里めぐり 2016 初秋コース、水源の郷をゆく>

9時50分JR長浜駅西口集合

東林寺、33年ぶりの本開帳 1

ウッディパル余呉、昼食

上丹生薬師堂

菅山寺の里坊弘善館

医王寺

浅井三姉妹の郷

JR長浜駅西口


観音里ツアー 昼食P9250108

<今までの観音の里巡りツアー>
*観音の里めぐり2016 春コース、初公開の秘仏に会う
*観音の里めぐり 2016 初夏コース、木彫りの里を訪ねる

<注1:集落>
余呉型民家が並んでいた丹生谷の廃村集落跡
というwebサイトがあります。
ご覧ください。
この菅並集落のその奥には以前は鷲見という里があり
「八墓村」のロケ地となったそうです。

  
びわ湖・長浜のホトケたちII      びわ湖・長浜のホトケたち

    

関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/514-2bf9cbad
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday