白マム印 日本のこと日本のもの

 
30
 
前回 上丹生薬師堂                                       次回 医王寺

<湖北 観音の里めぐり 2016 初秋コース、水源の郷をゆく >
   ―菅山寺 里坊弘善館 十一面観音立像―

余呉町坂口 菅山寺里坊弘善館P9250233 余呉町坂口 菅山寺里坊弘善館P9250225
余呉町坂口 菅山寺里坊弘善館 P9250199 余呉町坂口 菅山寺里坊弘善館P9250213


余呉の民家の特徴は
雪深いこともあり屋根が急傾斜ということと
家紋が記されていることでしょう。

そういったことを見つけるのは楽しいものです。


余呉町坂口 菅山寺里坊弘善館 P9250202


大箕山(たいきざん 標高432m)の山頂近くに
真言宗豊山派(ぶざんは)の菅山寺があります。

この里坊弘善館より1時間ほど歩くでしょうか。
本堂や経堂、護摩堂、鐘楼などが残って
いますが
残念なことに朽ちかけた状態です。
そのため
持仏は人里の弘善館に安置されています。

元は龍頭山大箕寺(りゅうとうざんたいぎじ)といいます。


余呉町坂口 菅山寺里坊弘善館 P9250205

大箕山と揮毫された扁額がかかった
鳥居のところには「牛」が。

そういえば、
鳥居の前には「天満宮」とかかれた石柱。

道真ゆかりの寺院だということがわかります。
では、なぜ?

荒廃した大箕寺を、
余呉に生まれた菅原道真が
3院49坊からなる寺院に再建さし
以来、菅山寺と寺号が改められました。


菅山寺里坊弘善館 P9250222
                                  菅山寺里坊弘善館

お仏像がおさめられている弘善館は
造りは民家そのものです。

道真の「梅の花」の紋が記されています。


中に入ると

十一面観音立像、平安時代
菅原道真公十一才の像
不動明王像
軍荼利明王像
大威徳明王像
金剛夜叉明王
弁財天
梵鐘


ずらりと「陳列」されているという雰囲気です。
東林寺や上丹生薬師堂と大きく違うのは
小さな博物館の趣きというとこでしょう。


余呉町坂口 菅山寺里坊弘善館P9250215


湖北のお仏像さんは
目に特徴がありますね。

コワイ。

何とも言えぬ目つきの弁天さんの頭には
にこやかな宇賀神さん(注1)がのっておいでです。↓

余呉町坂口 菅山寺里坊弘善館 弁財天・宇賀神 P9250218





余呉町坂口 菅山寺里坊弘善館P9250219




ご本尊
十一面観音立像です。

余呉町坂口 菅山寺里坊弘善館 十一面観音立像I 菅山寺
        8世紀末~9世紀初頭 木心乾漆 漆箔

木造ではなく木心乾漆という漆を塗りあげて
形を作る手法がとられています。
興福寺の阿修羅像と同一手法です。

余呉町坂口 菅山寺里坊弘善館 十一面観音立像I IMG_20160924_00083




余呉町坂口 菅山寺里坊弘善館 十一面観音立像I IMG_20160924_00082




余呉町坂口 菅山寺里坊弘善館 十一面観音立像I IMG_20160924_00081




余呉町坂口 菅山寺里坊弘善館 十一面観音立像I MG_20160924_00071

画像だけですと
大きなお像にみえますが
像高は1メートル3センチほどの
お姿です。

像背面墨書銘と台座裏墨書銘によれば
天神九百年忌にさいして
彦根藩家老とその母が菅山寺に寄進したものと
されています。



余呉町坂口 菅山寺里坊弘善館





菅山寺里坊弘善館 ご朱印 IMG_20161001_0004
             ご朱印 菅山寺 里坊弘善館


                                                  次回は医王寺へ

en1参考en1

<観音の里めぐり 2016 初秋コース、水源の郷をゆく>

9時50分JR長浜駅西口集合

東林寺、33年ぶりの本開帳 

ウッディパル余呉、昼食

上丹生薬師堂

菅山寺の里坊弘善館

医王寺

浅井三姉妹の郷

JR長浜駅西口


観音里ツアー 昼食P9250108





<今までの観音の里巡りツアー>
*観音の里めぐり2016 春コース、初公開の秘仏に会う
*観音の里めぐり 2016 初夏コース、木彫りの里を訪ねる

*観音の里巡りツアー申込・詳細はコチラをご覧ください。

<注1:宇賀神>
宇賀神 井の頭弁財天2013年01月01日_DSC_0659


  
びわ湖・長浜のホトケたちII      びわ湖・長浜のホトケたち

    

   

   

上記の本はいずれもお勧めの「観音の里」本です。 


関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/518-eec3167a
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday