白マム印 日本のこと日本のもの

 
15
 
西洋画には興味がないと思われるのも
困ります(いえ、困りはしませんが)ので
ゴッホとゴーギャン展などを。



    ゴッホとゴーギャン展 IMG_20161012_0005

        < ゴッホとゴーギャン展 >

         東京都美術館(上野)
         2016年12月18日まで
         入場料 1600円


上野は銀杏盛りで
かぐわしい香りが風に乗って
鼻孔をくすぐります。

      銀杏の香りを「匂う」と表現する人と
      「臭う」と現す人がいますが。
      白マムは前者。大好きな匂いです。


ゴッホとゴーギャンをセットにした
日本ではじめての展覧会だそうです。


     ゴッホとゴーギャン展 IMG_20161012_0006




というわけで入場して
「ほほ~、ゴッホも最初は普通の絵を描いているのだな」
と、ひとりごちて歩きだしゴッホの自画像の前で立ち止まり
「ほほ~、ゴッホの顔はこうだったのだ・・・・・・っけ?」

ネームを見て

ゴーギャンではありませんか。

ひとり照れ笑い。



会場を進むにつれて
展示の紛らわしさというか
何度もゴッホとゴーギャンを観てきた己の
眼力のなさにたじろぎます。

どっちかわからないこと多々。



ゴッホとゴーギャンで壁の色をかえるとか
工夫があってもよかったのではと
思ったりもしています。
けど、
展示はこのふたりだけではなかったので
それも難しいかと、理解もできます。

やはり問題なのは
己の美術的眼識のなさでしょう。

この展覧会の目玉はゴッホは「収穫」
ゴーギャンは「ブドウの収穫、人間の悲惨」です。

二作品ともとてもよいものです。
どちらもこの展覧会の「見どころ」と知ったのは
帰宅してだったのですが、
この二作の前では自然と足が止まりました。


pic_pt3_01.jpg
                                       ゴッホ 収穫

分かり易い作品といえばそれまでですが、
南プロバンスの風景は吸い込まれるような
気持ちのよいものです。

不幸の気配が一切ないと言っていいでしょうか。

豊饒な収穫と穏やかで勤勉であろう人々と幸せを
思いおこさせる作品です。


pic_pt02.jpg
                   ゴーギャン ブドウの収穫、人間の悲惨


      この絵は一目みて
      ムンクの思春期を思い起こさせました。

      shisyunki.jpg
                      ムンク 思春期

ゴーギャンの「ブドウの収穫、人間の悲惨」は
何を意味するのでしょうか?

    ゴーギャンが友人に宛てた手紙を読んでみましょう。
    「君はこの『アルル、ぶどうの収穫』の中に描かれる
    悲観に暮れた哀れな者に気付くだろうか?
    知性や優美性、
    そしてあらゆる自然の恩恵を
    それはひとりの女である。
    彼女は頬杖をつき何も思考せず、
    ただ座り込んでいるが、
    太陽に照らされ赤々と大地を染める
    山積みのぶどうが意味する、
    自然の恵みの慰めを感じているのである。
    そして黒い服を身に纏う女が、
    彼女を姉妹を見るかのように眺めるのだ。」


私自身は
大地はこんなにも芳醇なのに、
思うがままにならないことへの
ふてぶてしさ。
歯がゆさ。
を、
この絵から感じます。

黒衣の女は彼女自身に思えてなりませんでした。
彼女の将来。
あるいは、
黒衣の女性から思春期のころを眺めている。ナド



この二作品のほかで私が気にいった作品は
ゴッホの「玉ねぎの皿のある静物」

ゴーギャンの
「紡ぐブルターニュの少女」。


ゴッホとゴーギャン展 IMG_20161012_0010
                         ゴッホ 玉ねぎの皿のある静物

IMG_20161012_0009
       ゴーギャン 
       紡ぐブルターニュの少女



人が集まっていたのがゴッホの↓アーモンドの花でした。

ゴッホとゴーギャン展 IMG_20161012_0003
         ゴッホ アーモンドの花

ちなみに上の画像は↑
購入したチケットファイルの裏面です。

表面は↓

IMG_20161012_0002


中は↓

Iゴッホとゴーギャン展 MG_20161012_0004


とてもきれいな
クリアチケットファイルです。


ゴッホとゴーギャン展 IMG_20161012_0001
                                         クリアファイル


ゴッホとゴーギャン展 IMG_20161012_0007



ゴッホとゴーギャン展 IMG_20161012_0008



                       *館内混雑情報*
                        水曜日(平日)の午前中に行きましたが
                        少し混んでいました。
                        この様子ですと日曜日は混むと思われます。

                       *東京都美術館 ゴッホとゴーギャン展



関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/531-2c825141
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday