白マム印 日本のこと日本のもの

 
22
 
                                            荒神堂脇の布袋様の謎

泉涌寺塔頭 来迎院 PA160560


泉涌寺の塔頭の中で来迎寺は目立たないお寺さんと
いってよいでしょう。
しかし、
お寺のお仏像は、等身大の大荒神坐像、
勝軍地蔵菩薩像、木像護法神立像五躯と
とてもよいお仏像をおもちです。



来迎院 大荒神坐像IMG_20161020_0015
            三宝大荒神 鎌倉時代(重文)

山号   明応山(みょうおうざん)
宗派   真言宗泉涌寺派
創建年 健保六年(1218年)
開基  伝弘法大師 大同元年(806年)
本尊  阿弥陀如来

*京都七福神第四番布袋尊
*ゆな大荒神坐像(成人式のみ開扉)
*護法神立像5体(京博管理委託)
*勝軍地蔵菩薩立像(非公開)

住所  京都市東山区泉涌寺山内町33
電話  075-561-8813  
交通  JR東福寺下車、徒歩10分
オフィシャルサイト


泉涌寺塔頭 来迎院 PA160563


今熊野観音寺の朱色の橋を渡らず
右手に進みます。
進むにつれて、
誰もいず
音もない
ただ緑一色だけのエリアに入っていきます。



来迎院 PA160565




来迎院の荒神様はとても立派であられます。
写真を拝見して心を奪われました。
いつか、お会いしたいと思い
来迎院さんに電話をいれると
1年に1日成人式の日のみのご開扉という
ことがわかりました。

この日、拝観できないとわかっていましたが
せめて参詣だけでもと足を運びました。



泉涌寺塔頭 来迎院 PA160570
  弘法大師像 手前の石には願い事がかかれています




泉涌寺塔頭 来迎院 PA160566
                                           荒神堂




P泉涌寺塔頭 来迎院 A160571
                                           荒神堂

ゆな大荒神が祀られています。
こちらの荒神様は等身大という
大きな荒神様です。


26p-2.jpg
                 木造三宝大荒神 鎌倉時代

いいお像でしょ。
猛々しく威厳に満ちたお顔に
しっかりとした体躯。
一面四臂、手には五鈷鈴、宝塔、転法輪、五鈷杵
をおもちです。
先にも記載しましたが、等身大ですから
とても大きなお像です。
我が国、最古で最大といわれています。

古くは皇后宮の安産祈願所となっていたために
ゆな(胞衣母体内の胎児を包む)荒神といわれています。


PA160573


荒神堂の左脇には
舟形石に無数の布袋様(伏見人形)が
奉納(?)されています。

来迎院は京都七福神第四番布袋尊ともいわれているので
お札でいえばお焚き上げ同様の意味があるのかも
しれませんね。(未確認です)

242201348_624_v1477062646.jpg




泉涌寺塔頭 来迎院 PA160580



PA160584
                             荒神堂より境内をながめる




泉涌寺塔頭 来迎院 PA160583

人の気配なし。




泉涌寺塔頭 来迎院 PA160587
                                          庫裏


来迎院は大石良雄(内蔵助)が仇討の密議を
したという合翠軒という茶室が現存しています。
そのために内蔵助の持仏の
勝軍地蔵大菩薩(秘仏)が本堂に祀られています。

勝軍地蔵菩薩IMG_20161020_0014
               勝軍地蔵大菩薩 江戸期代作

「空寂の甲を頂き、随球陀羅尼の鎧を着し、
金剛智の大刀を佩き、発心修行の幟をかざし
悪行煩悩の軍を切る剣を持つ」

蓮華三昧経に記されています。

お写真は白黒なのですが
截金模様がはいっているのが
わかります。
保存状態も良好のようです。
躍動的で素晴らしいお仏像さんです。

なんとしても討ち入りを遂行せねばと
誓う大石良雄の持仏としては
これに勝るものはないでしょう。

この勝軍地蔵は残念ながら公開の予定は
ないということです。
本当に残念です。




泉涌寺塔頭 来迎院 PA160588





泉涌寺塔頭 来迎院 ご朱印 IMG_20161020_00011



en1耳より情報en1

来迎院の荒神様と護法神立像5体が
2017年の1月下旬より
京都国立博物館に出陣されます。

荒神様成人式にご開帳ですから
その後の公開です。
御寺さまからききましたが
成人式のご開帳は
近くでは拝観できないのでよく見えないそうです。
「博物館にいかれたらいいですよ」とのこと。


keidai-map.gif
コチラをクリックすると泉涌寺のサイトへジャンプします


en1参考en1


2016年10月16日(日)
6:47東京発瀧尾神社戒光寺来迎院雨宝院道途八幡宮瑞泉寺22:44東京着

                                          
< 御寺 泉涌寺 >

山号  東山 あるいは 泉山
宗派  真言宗泉涌寺派
創建年 平安時代(実質的には鎌倉時代)
開基  月輪大師俊芿
本尊  釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒如来の三世仏

住所  京都市 東山区泉涌寺山内町27
電話  075-561-1551
交通  東福寺駅(奈良線)から徒歩10分(アクセスマップ)
*オフィシャルサイト


*荒神堂の山積みされた布袋尊の謎解明はコチラです。
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/535-c0f1cd4e
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday