白マム印 日本のこと日本のもの

 
01
 
<湖北 観音の里めぐり 2016 爽秋コース 実りの季節に訪れる >

滋賀長浜 知善院 PA300015
                                      宝生山 知善院


山号  宝生山勝安寺
宗派  天台真盛宗
本尊  阿弥陀如来
文化財 十一面観音坐像(重要文化財 )

住所  滋賀県長浜市元浜町29-10
電話  0749-62-5358
交通  JR琵琶湖線長浜駅から徒歩約15分
*びわ湖108霊場第四十三番霊場
*要予約




長浜知善院みち PA300003 長浜知善院みち PA300008
長浜知善院みち PA300009 滋賀長浜マンホールPA300006
長浜知善院みち PA300007 長浜知善院みち


知善院はJR長浜駅から車で5分ほどの
その昔、北国街道と呼ばれた
ふるい街並みの残る一角に在ります。


滋賀長浜 知善院 PA300015






滋賀長浜 知善院 PA300019
               長浜城搦手門より移された表門(安土桃山時代)





滋賀長浜 知善院 PA300018


この表門の正面右手の張り出した建物がいったい何なのか
わかりませんが
とても綺麗で気になってしまいました。↓

滋賀長浜 知善院 PA300016


知善院は元々、
小谷城下にあったのですが、
豊臣秀吉が羽柴の時代に長浜城築城のおりに
鬼門の守護寺院としてこの地に移築したものです。

そのことを思うと
往時は広い境内を持つ寺院だったのでしょう。
現在はこじんまりとしたお姿です。



滋賀長浜 知善院 PA300036
                               本堂(阿弥陀堂)



御寺さんのお仏像は第一級のものといえます。
本堂(観音堂)には書写山円教寺より移された
端正でいてお厳しい顔立ちの阿弥陀如来さまと
脇侍にはお優しい顔立ちの
日光月光菩薩さまがおいでです。

保存状態もとてもよいものです。


PA310219.jpg
                                  びわ湖108霊場webより



本堂の左奥には
大坂城落城のおりに持ち出されたものといわれる
豊臣秀吉の肖像彫刻が奉安されています。

                 
無題123
   秀吉木造 慶長4、5年作(別名 豊国大明神)

上記の画像は慶長4、5年作というので
秀吉死後の作造ということになりますが
その容貌はやんちゃで若々しいものです。

いいお像です。



それでは

念願の十一面観音菩薩さまにお会いしましょう。
渡り廊下の先の観音堂においでです。



滋賀長浜 知善院 PA300031






滋賀長浜 知善院 PA300025
                                             観音堂              

どきどきします。
こういう時は
わざとゆっくりと入る白マムです。



観音の里の祈りとくらし展?IMG_20160711_0010
         ご本尊 木造十一面観世音菩薩坐像 
                   鎌倉時代 慶派作

見るからに、鎌倉期の慶派の作造です。
勿論、玉眼です。
怜悧なまでの美しさと
破たんのないお姿。

白マムはこのような美しさを
「人智をこえた美しさ」といっています。

お仏像さまはやはり堂宇で拝観する
ものだということがよくわかります。
お顔立ちや雰囲気は一層神秘的で
神々しいものです。


↑これは、
ツアーの中に美術館で拝観された方が
数人おられてやはり同じことを仰っていました。



上の画像は藝大のカタログからの転写です。↑
↓下の画像は五先賢の館で購入した本の表紙です。

観音の里の祈りとくらし展?IMG_20160711_0009
                  知善院 十一面観音菩薩坐像


色がついている分、下の画像は丸みがあって
お優しくみえます。
人智を超えた美しさといっても
やはりお優しいお顔の方がいいですね。

藝大出陣のおりは光背がありませんでした。
やはり
光背があったほうがきらびやかです。


   ライイン sp_l364

    おきれいな十一面観音さまがおいでの
    知善院さんには拝観にいきたいと
    かねがね思っていました。

    この観音巡りを予約したときは
    知善院さんのことに気がつかず、
    後の東京藝術大学大学美術館にて開催された
    「観音の里 祈りとくらし」展のおきれいな
    十一面観音さまと結びついたときは
    欣喜雀躍でした。

    正確には
    長浜の五先賢の館にて表紙の十一面観音様に
    魅かれ
    その方が
    「祈りとくらし」展で姿をお見せになり
    今回またもお会いするという結びつき。
    ベクトルがついていたのだなあと
    しみじみ思いました。

  ライイン sp_l364

    無性に安部文殊印院・文殊菩薩さまにお会いしたく
    なってきました。 困ったものだ!

  ライイン sp_l364

滋賀長浜 知善院 PA300034


皆さん、去りがたくって
覗いておいでです。
この気持ちわかります。

白マムもはしたないかなあと
思うも執拗に覗きました。


滋賀長浜 知善院 PA300027
                                            天満宮




滋賀長浜 知善院 PA300039
                                             地蔵堂


境内の隅に
檀家さんのお墓がほんの少し設置されていました。
この知善院さんは檀家が少ないうえに
ご住職が亡くなられて
奥様おひとりで守られているということです。

本の表紙になるほどのいいお仏像をお持ちなのに
淋しい感じがぬぐえず
管理が大変だと推察します。


滋賀長浜 知善院 PA300037





長浜 知善院 ご朱印 IMG_20161101_0001
                     知善院 ご朱印


en1参考en1

びわ湖108霊場オフィシャルサイト

*姫路 書写山円教寺
0000000003_201407102029316b5.jpg



<観音の里めぐり 2016 初秋コース、水源の郷をゆく>
  10:20
  長浜駅西口集合
   ↓
  知善院
   ↓
  安楽寺
   ↓
  昼食
   ↓
  浄光寺
   ↓
  安念寺
  ↓
  道の駅
  ↓
  15時50分
  長浜駅西口解散 

<今までの観音の里巡りツアー>
*観音の里めぐり2016 春コース、初公開の秘仏に会う
*観音の里めぐり 2016 初夏コース、木彫りの里を訪ねる
*観音の里めぐり2016 初秋コース、水源の郷をゆく



  
びわ湖・長浜のホトケたちII      びわ湖・長浜のホトケたち

    



関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/545-d1b21c72
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday