白マム印 日本のこと日本のもの

 
08
 
本能寺 PB030382

<チラリどころかチラっと本能寺拝観>


地図を見ると、
瑞泉寺さんから蛸薬師堂は近くといっても
かまいません。
地下鉄東西線の駅で言えば一駅。
市役所前下車です。

民間信仰が根付いている御寺が好きな白マムは
蛸薬師堂をめざします。

地下街のゼスト御池10番出口より寺町通を10分。
と頭に刻みます。

ゼストの地下街がながくて延々と歩き不安。
やっと突き当りの10番出口です。

「蛸薬師に行きたいんですけど」

いかにも「地元」という方々に訊くも
皆さんまず、首をふって
「ここを渡って多分、ずーっとまっすぐだと思う」という答えが
大半。

あまり知られていない?

そのようなわけで
どうにかなるでしょうと行動開始。

携帯画面にグーグルマップをだして
 (ポケモンゴーとやらをやっていると
        思われるのは嫌だなあああ)
大きな通り(御池通り?)を渡って
右手をみて、月並みな表現ですが
目が点になりました。

「本能寺ってここなの!」


PB030383PB030383






PB030383PB030384
                                          本堂


本堂はとても広く
内陣は遥かかなたです。
須弥壇の中央に
一見、連獅子の白の被り物をしておいでのような
お方が祀られています。
開山した日隆上なのか、よくわかりません。

   本音をいうならば、誰もいない空間は
   荘厳というよりがらんとして
   寒々しく、早急にきりあげてしまいました。


goods_forTemple014.jpg
                     本堂内宮殿須弥壇
 
     ↑寺院内陣の装飾名称を検索していましたら
     翠雲堂さんのサイトに行きつき
     本能寺内宮殿須弥壇がアップされて
     いました。



PB030383PB030389


1415年(応永22年)の創建以来、
幾度も火災にあっておりこの本堂は1928年(昭和3年)の
再建となります。
織田信長が最期を遂げた本能寺の変は当時は別の場所です。
当然当時の本能寺は焼失しており秀吉により
この地に移されました。

秀吉によりこの地に移ったあともまたも焼失。

   本能寺の建物の歴史
   1418年 妙本寺の教徒たちによって本応寺(能ではない)は破却
   1536年 天文法乱にて延暦寺の僧徒により焼き討ち
   1582年 本能寺の変が勃発し焼失
   1788年 天明の大火にて焼失
   1864年 蛤御門の変により焼失
   1928年 現在の本堂再建


PB030383PB030386
                        本能寺寺紋 結び雁金と鶴の丸







PB030383PB030387
                           信長公廟





PB030383PB030388






本能寺 ご朱印 IMG_20161104_0001
                      本能寺 ご朱印


宗派 法華宗本門流
本尊 南無妙法蓮華経曼荼羅本尊あるいは三宝尊
創建 1415年(応永22)

住所 京都府京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町522
交通 地下鉄東西線「市役所前駅」すぐ
オフィシャルサイト

仏壇仏具の翠雲堂オフィシャルサイト

< 11月3日足取り >
平等寺因幡堂 瑞泉寺ホホホ座三条大橋店
本能寺矢田寺 蛸薬師堂





関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/552-31828177
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday