白マム印 日本のこと日本のもの

 
26
 

  

     藤田洋三 世間



パソコンを眺めながら
悪戦苦闘の時間が長引くと

気分転換に
コーヒーを淹れて甘いものを食べて
少しの間、
なにも
なにも
考えないようにします。

でも
できない。



気晴らしに外へでます。



結局、
水中書店さんへ行ってしまい、
本を買い込む羽目になってしまいます。


今回は
気分転換だから100均の軽いのを
買うのだよ。

言い聞かせる。

そうだ。
滋賀行きの道連れの本も選ばねば
と、
イソイソしだしたりして。

結局
笑わせてもらいましょうと、
伊藤理沙さんのおいピータン!!(1) (Kissコミックス)

旅のお伴は奥野健男さんの太宰治論

を、
即決。



だけど
気になる1冊が。



それが
トップ画像の藤田洋三さんの写真集。
世間。



断捨離断捨離。
本棚は大変なことになってるでしょ。
それに
お小遣いも残り少ないでしょ。

諭す白マム。



そうだそうだ。



と帰るも、久しぶりに黒マム登場。

「買っちゃいなよ。早く行かないと
誰かが買っちゃうよ。ホラホラ買っちゃいな」


アタクシの肩口にとまって囁きつづけるでは。。。


う~~んう~~~ん



踏ん張りましたが、
土俵際でうっちゃられて

自転車暴走族になり果て水中書店へ。





でも
それだけの価値ありな写真集。



藤田洋三写真集 世間 PB261528
浜脇のご婦人。最後まで一緒に暮らしていたと聞く





藤田洋三写真集 世間 PB261529
拝み屋さん。どうしてこの家にあがったか記憶にない





藤田洋三写真集 世間 PB261530
左 この時90歳を超えていた中津・北原人形の翁
右 別府・浅見神社の木彫りの寿老人






藤田洋三写真集 世間 PB261531
左 杵築。泥の壁を撮っていたら、厠から船津の婆さまが顔を出した
右 院内のお百姓さま。田舎のインフラが見事に揃った自足の暮らし




藤田洋三写真集 世間 PB261532


左 「杉乃井ホテル」の女中頭お玉さん。各界の名士に愛された
右 炉端焼きの大将・工藤さん。杉乃井近くで今も営業中




藤田洋三さんが
鏝絵放浪記の著者(写真家)と判明したのは
この写真集を繰ってのことです。



          



関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/567-140b9112
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday