白マム印 日本のこと日本のもの

 
10
 
赤後寺

< 湖北長浜 観音の里めぐり2016紅葉コース、国宝・重文の観音を巡る >
        ○西野薬師堂(充満寺)○

PB270761


宗派   浄土真宗大谷派
本尊   伝薬師如来立像、
      十一面観音立像

住所    滋賀県長浜市高月町西野 1696
交通    JR高月駅より
       東口からコミュニティバスで「西野」バス停下車
電話    0749-85-6405(高月町観光協会)
       0749-82-5909(奥びわ湖観光協会)
*要予約(問い合わせは上記↑)
*びわ湖百八霊場35番札所
*天台宗の泉明寺という寺院が前身
*現在は充満寺の飛地境内


PB270774
PB270774 posted by (C)poco


 
  かつて西野の小字寺山に天台宗の泉明寺と称する寺があり、
   大友皇子の末裔・西野丹波守家澄が菩提寺として庇護したといわれる。
   その後度重なる戦乱により荒廃したが、村人によって守られてきた。
   堂内には、ふっくらとして穏やかな表情で肉付き豊かな十一面観音と
   ふくよかで目鼻立ちの整った相好の薬師如来像が安置されています。

                                滋賀・びわ湖観光より



西野薬師堂 IMG_20161128_0065
本尊 十一面観音立像 重文 平安時代藤原期
(後補:両手、両足先、右袖の一部)






西野薬師堂 IMG_20161128_0064
本尊 伝薬師如来立像 重文 平安時代藤原期
(後補:両手、両足先、右袖の一部)


この二尊も戦乱の世を里人に守られて現在にいたられています。
そのために破損されています。
こちらの薬師如来像は阿弥陀の来迎印を結んでおいでですが
両手は後補のため尊名は不確かです。


IMG_20161210_0001



赤後寺もそうですが、
しっかりとした肉厚なお身体のお仏像です。

堂宇には
十二神将の巳と辰も奉安されています。

IMG_20161128_0063
           天部二躰(巳と辰)






西野薬師堂 長浜 PB270771




とてもきれいなものが目にはいりました。

堂宇の中は撮影禁止でしたが
どうしても写真に撮りたく
図々しくそのこと世話役さんに言うと、
とても快く応じてくださいました。


西野薬師堂 オコナイ 神事 オトウ(御神体) PB270762


写真を撮り終えて
「これはなんですか?」
と世話役さんに訊ねると
「滋賀出身のかたですか」と
質問されたので首をふると
「ああ、じゃあわからないかな、オコナイのこと」

「知ってます。春先におこなわれる豊穣の神事ですね」

応えると
とても嬉しそうにされて
「その時につかうんです」と
教えてくださいました。

のちに
しらべると<注連縄>と思っていたコレは
<オトウ>といわれるご神体そのものであられました。

   湖北は各集落に独特の<オコナイ>があります。
 
ご神体であられたとは、おきれいなはずです。



西野薬師堂 オコナイ IMG_20161210_0003
↑西野の守頭(もろと)オコナイびわ湖・長浜のホトケたちより 







PB270769


向拝柱には数珠が掛けられていました。
どなたでもお詣りくださいということでしょう。



PB270767


子供たちが境内で遊ぶのでしょうね。
微笑ましい。



PB270763



なにやら石が。
近付いてみましょう。


PB270766


謎の珠石。
だそうです。
古墳群のいしなのか、境界石なのか
謎だそうです。

まだ石がありました。

PB270775


これは力石でした。
重さ92kg。


IMG_20161128_0007
                  ご朱印 西野薬師堂


en1参考en1




  
びわ湖・長浜のホトケたちII      びわ湖・長浜のホトケたち



<観音の里めぐり 2016 紅葉コース、国宝・重文の観音を巡る>

9時50分JR長浜駅西口集合

石道寺

己高閣・世代閣 /

昼食 己高庵

渡岸寺観音堂(向源寺) 

赤後寺

西野薬師観音堂

湖北みずどりステーション

JR長浜駅西口


観音の里巡り 昼食
                 昼食



<今までの観音の里巡りツアー>
観音の里めぐり2016 春コース、初公開の秘仏に会う
観音の里めぐり2016 初夏コース、木彫りの里を訪ねる
観音の里めぐり2016 初秋コース、水源の郷をゆく
観音の里めぐり2016 爽秋コース、実りの季節に訪れる 

現在募集中のツアー



    
    



関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/581-a4cde275
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday