白マム印 日本のこと日本のもの

 
14
 
                                                       →本殿
瀧尾神社 PA160544

御祭神 大巳貴命(おおなむちのみこと)
       大国主命(おおくにぬしのみこと)の別名
末社   繁栄稲荷
      天満宮
      愛宕社
      金毘羅宮

住所  京都市東山区本町11丁目718 
電話  075-531-2551
交通  JR・京阪 東福寺下車 徒歩7分

*本殿、拝殿、手水舎、絵馬舎は、
  大丸創始者下村家により江戸後期に造立された。
*本殿は、北山貴船奧院御社の旧殿を
  移築改築したもの。

拝観時間 自由
拝観料 無料
駐車場 あり

PC110782

それは10月(2016)のことでした。
泉涌寺来迎院を拝観するために東福寺駅を
おりて北へ歩いていると
目にも気の毒なパッチワークの雨漏り防止をされた
舞台(拝殿)が目にとまりました。

閑散としており
「ま、いいかな」と思い通りすぎたのですが
これも「御縁」と思いなおし踵を返し
石の鳥居をくぐり境内にはいって拝殿を
のぞいて驚きました。

瀧尾神社 PA160528


立派な龍です。

ゆっくりと拝観したかったのですが来迎院の次に
午後より雨宝院さんに予約をいれていた
ために再度の拝観を誓い境内を去りました。

以外にも早くその日がきました。

12月11日
東福寺駅を降りて向かいます。

お気の毒な拝殿の屋根が見えました。
と、目に
南側の幅の狭い道路に面した朱塗りの鳥居が
映りました。

不覚にも前回全く気が付きませんでした。
写真ばかり撮っていると
微視的になってしまう悪い例です。


瀧尾神社 PC110784


まったく趣きの違う立派な神社です。
こちらが表玄関だったのですね。


瀧尾神社 PA160539
                                       拝殿 懸魚



拝殿の天井を見てみましょう。



瀧尾神社 PA160525







瀧尾神社 拝殿の龍 PC110797
                                       長さ8メートルの龍 






瀧尾神社 拝殿の龍 PC110796


この龍は、夜な夜な水を求めてこの拝殿より
抜け出し今野熊川まで水を求めに行ったそうです。
そのために自由に抜けだせないように
天井に網をかけていたそうです。

現在は網もなく、拝殿には自由に上がれるように
なっています。


瀧尾神社 拝殿の龍 PC110801



色が朱色にみえますが
これは床に緋色の絨毯が敷かれて
反射しているためです。
本来の色は茶系です。



瀧尾神社 PA160529







瀧尾神社 拝殿の龍 PC110791



                                              瀧尾神社 //

                                              次は本殿の彫刻






関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/583-a9a47429
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday