白マム印 日本のこと日本のもの

 
08
 
泉涌寺塔頭 来迎院(2016.10)

泉涌寺塔頭 来迎院 PA160566


人気のない荒神堂の前。
聞こえてくるのは
かそけき葉擦れの音。



泉涌寺塔頭 来迎院 PA160583


ときおり静寂を突き破る
鴉の鳴声。





山積みされた人形たち。




泉涌寺塔頭 来迎院 PA160573



不気味です。






なぜ、
布袋様。


疑問と畏怖を抱えて
来迎院をあとにしたのは10月のこと。



今年の1月22日。
京都国立博物館の泉涌寺展へ。



京都国立博物館 P1220886
                                   京都国立博物館

目的は塔頭の悲田院の快慶仏および
来迎院 荒神堂に奉安されている
大荒神拝観。


大いに感動。

当然のことながら
荒神様のことを調べる。
すると
荒神のお遣いが布袋とぞ知る。
つまり布袋は荒神の眷属。

なるほど!



来迎院 泉涌寺 三宝荒神坐像 26p-2
          泉涌寺別院 来迎院 三宝荒神坐像



そのために荒神堂の脇に布袋様が
積まれていたのだと納得。

鷽替え(うそかえ)神事のように
1年毎に取り替える
ということかと!
再度納得の白マム。

 ふ
 む
 ふ
 む

と、
独りごちながら
何気なく
京都 布袋
とキーワード検索をすると
知らなかった京都の風習が出てくる出てくる。


   いわく
   京都ではその昔
   伏見人形(布袋)7個(小~大)を
   毎年1個ずつ購入して
   台所のおくどの棚のところに並べる。

   7個そろえる途中で不幸があると
   今までの祀った布袋さまは
   寺社に奉納あるいは滝壷に沈めて
   また1個からやり直し。

   という風習があり、
   今も
   それはかなり廃れてはいるけど
   存在する。

そういうことでしたか。
鷽替え神事のように1年毎に取り替えるのでは
ないことも判明。

荒神堂の隣に沢山の布袋さんが
奉納されていた理由がこれにて1件落着。

桜吹雪の金さんは声をあげる。笑


白マム印の実家はその昔
炊事場に荒神様のお札が貼ってありました。
荒神様は火の神様、竈の神様ですから。
でも九州には布袋さんを祀る風習は
ありませんでした。



242201348_v1485821879.jpg



では、
伏見人形の布袋さんはどこで
手に入るのだろうと検索すると

有名な伏見人形店
丹嘉」にヒット。

現在、伝統的な伏見人形制作はこの丹嘉1店舗のみ。

そのうえ
丹嘉さんで作られているというのに
この布袋さんは京都の丹嘉では売られておらず
なんと
宝塚市清荒神清澄寺のみにて
12月から2月初旬にて限定販売が判明!



さすがの白マムも
布袋さん購入の為に12月に宝塚に赴くのは無理です。

残念


     
 ライイン sp_l364

    後日談

   年下の友人が神戸出身ということを思い出し
   「清荒神って知ってる」と問うと
   「なに言うてはるんですか。当たり前ですやん」みたいな
   顔をして頷く。
   では
   布袋さんがそこで買えること知ってるかと問うと
   「友人の某ちゃんが今年も買うたんちゃうかな」
   と言うではないですか。
   灯台下暗しとはこのこと!

   「今度、私の分も買ってって頼んで」と言うと
   拍子抜けするほど簡単にOK。

 う~~~~~ん ありがたみがなさすぎるなあと
 贅沢な悩みを抱える白マムです。


    *清荒神清澄寺
    *伏見人形 丹嘉
    *丹嘉商品
    *泉涌寺 来迎院
    *京都国立博物館 泉涌寺展

関連記事
スポンサーサイト

Comment

2017.02.08 Wed 09:02  |  

おはよう、勉強になります。
赤ペンだな。
いわく
京都では・・の下り4行目
1個づつ→1個ずつですよ。(笑)
後で削除してね!

  • #-
  • 村田守
  • URL

2017.02.08 Wed 09:16  |  まもちゃん

ありがと~。
早速訂正。
私の弱点は「づ」と「ず」を間違えること。
これからも赤ペン先生よろしく!

  • #-
  • ポコmom
  • URL






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/607-4145fb26
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday