白マム印 日本のこと日本のもの

 
09
 
高札場 奈良三条通り(興福寺手前) P1221050


奈良に通い出した初めの頃は
これが何を意味するのか
わかりませんでした。

お寺さんに関連するものとして
頭の中に入っていました。

それが
いつだったか定かではありませんが
「高札場 こうさつば」
という言葉を知り、
奈良の三条通りの
あの建物が「高札場」と
気が付いた次第です。

    高札(こうさつ、たかふだ)とは
    古代から明治時代初期にかけて行われた法令(一般法、基本法)を
    板面に記して往来などに掲示して民衆に周知させる方法である。

                                   ウィキペディアより

一番上の札とその下の札の元号は
「天和 てんな」となっていますから
1680年代前半のものです。
多分、複製でしょう。

読むと面白い。

   「御朱印伝馬人足乃員数
   御書付外に多く出す
   べからさる事
     ― ― ―
   於相背可致処厳科者也
   仍下知如件
   天和二年五月五日

      奉行        」


< 仍 >
この字の読みは調べると
 音読み:ジョウ、ニョ
 訓読み:ヨる、ナオ
 意味:よる。したがう。

興福寺と猿沢池の前を通る
三条通りにこの高札場はあります。
この通りは
きっと奈良で一番人通りの多い
賑やかな場所だったのです。

そこで
文字が読める人が大きな声を出して
読めない人に読んであげたりしたのでしょうね。



時には指名手配書の人相書きなども
掲示されていたに違いありません。


関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/608-47eb8fc3
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday