白マム印 日本のこと日本のもの

 
25
 
高野山には金剛峯寺を本山として
117の寺院が点在しています。

高野山にまいられた方はたくさんおられますが
その殆どの方が、泊まられた宿坊と金剛峯寺、壇上伽藍、足を伸ばして
高野山霊宝館をご覧になって満足されているのではないでしょうか。

私がこれから紹介する光台院に行かれたことはありますか?


<高野御室 別格本山光台院>

住所   和歌山県伊都郡高野町高野山649
電話   0736-56-2037
交通   高野山駅より南海りんかんバス奥の院行き
              警察前下車徒歩3分
   
本尊   阿弥陀如来立像(快慶作)
創建年  1221年
開基   白河天皇の第四皇子覚法親王

*公式ホームページ無し
重森三玲作の庭あり
*拝観要電話



光台院
光台院 正門posted by(C)poco



光台院は金剛峯寺より360メートルほどの
距離に関らずバス通りより少し奥まった
ところにあるために森閑とした寺院です。

その門をくぐった途端にこのお寺さんが
とても格が高く、そしてその格にみあった
空気をまとっておられるに気づきました。

ありていな言い方をすれば、
「このお寺は今までのお寺さんとは違う」。
そう思ったのが事実です。


900年前、白河天皇の第四皇子覚法親王の開基で
以来27代にわたり法親王方が参籠されている名刹で、
それによって京都御室仁和寺の「高野御室」と
称されいます。

高野山光台院
posted by(C)poco


境内は決して広いわけではありません。
狭いといった方が正確でしょう。
木々は伸び伸びとしているにも関わらず
まるで盆栽のように端正です。


光台院
光台院posted by (C)poco


おとないを告げると、
背筋をのばした若いお坊様と奥様らしき方がお出になり
とても丁寧にご挨拶をしてくださり、またも
心が動きます。



高野山 光台院
posted by(C)poco


光台院さんは宿坊も兼ねておいでですが、
商業化されておられず、ひっそりと営まれて
います。
そのため、俗化されていません。


高野山光台院
光台院本堂の木鼻posted by(C)poco


光台院本堂の頭貫DSC_0182
光台院本堂の頭貫 posted by(C)poco


本堂は薄暗いのですが眼が慣れてくると
襖の絵の見事なことがみてとれます。
この襖だけでも一見に値します。
が、
残念なことに厨子の阿弥陀三尊は遠くお顔を見ることができません。
がっかりしていると
お坊様が後ろから声をかけてくだしました。

「どうぞお近くへ」。


光台院 快慶作阿弥陀三尊
光台院 快慶作阿弥陀三尊posted by(C)poco
(左より勢至菩薩、阿弥陀如来、観音)


お美しい。


その一言です。
快慶作のこの三尊は後補や後付けがない保存状態のよい
完全なものとして最善美のお作といわれています。
その言にたがわないお仏像です。

三尊とも寄木造に玉眼で、衣には截金文様がおかれています。

中尊の阿弥陀如来像の慈しみ深いけれど、お厳しいお顔。
そして脇侍の勢至、観音菩薩さまの少しおひざを屈めて
私たちに近寄ろうと、あるいはこちらにまねくようなお姿に
頭がさがります。

宝冠、瓔珞(ようらく)、蓮華座にいたるまで最高の
技術をみることができるお仏像様です。

光台院 快慶作阿弥陀三尊
光台院 快慶作阿弥陀三尊 勢至菩薩


光台院 快慶作阿弥陀三尊
光台院 快慶作阿弥陀三尊 観音菩薩

リズミカルでいてお美しい。
破綻するところがまったくない。
そして神々しくも厳か。

いつまでもいつまでも観ていたい
私でした。


快慶作 阿弥陀三尊
阿弥陀如来像


光台院 快慶作阿弥陀三尊
勢至菩薩像


快慶の熟練期のすばらしいお作です。



宝来
宝来posted by(C)poco

本堂にかかる切り絵は、「絵絹」あるいは「宝来」と
いわれ高野山真言宗のお寺さんのいたるところで
見られるものです。(注1)

年頭に、その年の干支や、縁起のいい文字をかたどって
切り絵にし家門繁栄無事息災を祈祷して、幸せを祝福
するものだそうです。
この高野山には稲作がおこなわれてないためにしめ縄の
かわりとしたとのこと。

若いお坊様が丁寧に教えてくださいます。

私は質問のついでに怪訝に思っていたことをききました。

「なぜ仏教なのに、門やいたるところに注連縄があるのですか?」

答はとても明快でした。
「神様なしに仏様は語れません。高野山は神様ともご一緒です」

短い時間でしたが、観光寺にありがちな台本を読むような
説明は一切なく、こちらがきいたことに丁寧に答えてくださるのは
私にとってとても好ましいことでした。

光台院
切子灯籠posted by (C)poco

↑少しみえる白いものは本堂にさがる切子灯籠。(注2)

光台院
posted by(C)poco


光台院 絵絹・宝来
光台院 絵絹・宝来posted by(C)poco

↑いただいた宝来です。

光台院
posted by (C)poco

この光台院さんは阿弥陀三尊の他に重森三玲の作庭があることでも
有名です。

                                     →2015年11月光台院掲載


en1  en1
新着 2015年11月2日・3日光台院訪問の記事を新たにアップしました。
 en1  en1

<近辺情報>
金剛峯寺を中心に寺院だらけですが、
徒歩1分もかからず龍泉院さんがあります。
とてもきれいなお寺ですが檀信徒さんのみの宿泊可。
鎌倉期の弘法大師像(絹本着色)をお持ちです。
光台院龍泉院
龍泉院 posted by(C)poco

バス通りにでるとすぐに大正モダンな交番があります。
ここから金剛峯寺は歩いて5分もかかりません。
高野幹部交番
高野幹部交番posted by(C)poco


<宿坊情報>
遍照光院 快慶作の阿弥陀如来がご本尊。宿泊者のみ拝観可。
福智院 重森三玲の作庭の庭あり。宿泊者のみ観覧可。
重森三玲 福智院DSC_0054
重森三玲作庭 福智院posted by(C)poco


<注>
注1:絵絹、宝来
2012年01月09日 長岳寺 宝来
posted by(C)poco


2012年01月09日_DSC_0411長岳寺 宝来 絵絹
posted by (C)poco


2010年08月15日_DSC_0256遍照光院 宝来 絵絹
posted by(C)poco


注2:切子灯籠
2010年08月14日切子灯籠(きりことうろう)
金剛峯寺 大玄関切子灯籠(きりことうろう)posted by (C)poco

高野山・金剛峯寺では、お盆を前に、先祖の霊を導くという純白の
「切子灯籠・きりことうろう」がことしも軒先につるされました。
切子灯籠は高さが2メートル余りあり、白い和紙を張った木枠の下に
4本の長い和紙が垂れています。
高野山では8月13日から15日までがお盆とされていて、
奥の院にある「燈籠堂」の火を移したこの切子灯籠の明かりを
目印に先祖の霊が帰ってくると伝えられています。高野山では、
お盆の期間中の13日の午後7時から奥の院の参道に
10万本のろうそくをともす「ろうそく祭」が営まれます。

<耳より情報>
大阪の藤田美術館には光台院の多宝塔(鎌倉末期あるいは桃山時代)
が移築されています。


en1  en1

<あまり知られていないけれど素晴らしいお仏像をお持ちの寺院>
守山市福林寺/大津市盛安寺/東大寺三昧堂/高野山光台院/王寺融念寺/
備考/岡崎市瀧山寺/三井寺微妙寺/雷山千如寺大悲王院/宝菩提院願徳寺/
山の辺長岳寺 1/



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


関連記事
スポンサーサイト

Comment

2015.09.01 Tue 16:21  |  Re: 光台院所蔵 阿弥陀三尊像の写真に関しまして

気が付かず返事がおくれました。
メールを送信しておりますのでごらんください。
マム

  • #-
  • gurekomom
  • URL






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/82-f2b7c9cc
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday